試合前のアップは絶対やった方がいい

こんにちは、yumekiです。

試合前、どんなアップをやっていますか?
「アップなんてやってないよ」
という方も多いかと思いますが、できるだけやった方がいいというお話です。

初戦て難しくありませんか?

私だけではなくてきっと「初戦て苦手」って思っている人って多いっていうか、試合会場などで話していると、ほとんどの人が「初戦て苦手」って言っているように感じます(^_^;)
でも、「初戦て苦手」って思っているにもかかわらず試合前にアップしていない人がけっこういるような気がします!?(・_・;?
なんででしょう?面倒なんですかね?

実際、試合前のアップの有無がどの程度初戦に影響しているのか、客観的に把握することはできませんが、少なくとも「アップしない方がよかった」と思ったことはないので、やることをオススメします。
結果的に1日に6試合とかやることになって最後に足がつって「アップやり過ぎちゃったかな」 と思ったことはありますが…
そもそもプロが試合前のアップを入念にやっているんだから、やった方がいいに決まってますよね。
くれぐれもやり過ぎには要注意ですが。

試合前のアップ方法

試合前のアップといっても、試合会場の状況によっていくつかのパターンが考えられます。
・練習用にコートが使えるとき
・壁打ちが使えるとき
・コートや壁打ちは使えないけど空いてる場所で軽くならボールが打てるとき
・ボールが打てないとき

今日はこの中で
・コートや壁打ちは使えないけど空いてる場所で軽くならボールが打てるとき
に私がやっていてオススメのアップの方法をお伝えします。(ダブルスの時)

皆さんはこの状況でどんなアップをしますか?

私はボレーボレーをやります!
って、何も特別ではありませんね(^_^;)

ボレーボレーをやるんですが、普通にやるんではなくて相手との距離を近くして行います。
相手との距離が近いとすぐにボールが返ってくるので、それに対応するために素早く動く必要があるので身体がすぐに温まりますし、集中力が高まります。
より実戦に近い形でのボレーボレーになるので、試合でいきなり早い展開になっても対応しやすくなります。

普通にボレーボレーをやるのとは効果が大違いなので、ぜひ試してみてください。

ただ、展開が早くてボールをそらしてしまう事も普通のボレーボレーより当然多くなりますので、くれぐれも周りに人や車がいないことを確認してからやってください。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする