試合で自分の調子に大きな影響を与えるショットは何ですか?

こんにちは、yumekiです。

誰にでもテニスの調子がいい時もあれば悪い時もありますが、どのプレー(ショット)の影響が大きいでしょうか?

自分の傾向を考える

サービス?
リターン?
ストローク?
ボレー?
スマッシュ?

私の場合はサービスの調子がいいとテニス全体の調子も良くなり、サービスの調子が悪いとテニス全体の調子も悪くなる、といった傾向があります。
もちろん必ずそうというわけではありませんが、そういう事が多いです。

自分のサービスの絡んだポイントに影響が出るのはもちろんの事、その他のゲームにも影響がでることもあります。
気持ちの問題なのでしょうか。
サービスの調子がいいとなんか『乗っていける』んですよね。

サービスの調子がいいとき

サービスがある程度思い通りに入っている時は、意識が
『次!次!』
となっていて、プレーにつながりがでます。
チャンスボールがきた時はしっかり決めにいけて、攻撃された時はしっかり相手の球を見て反応できます。

そして、リターンゲームや前衛(ダブルスの時)にいる時も積極的で強気なプレーをしていることが多くなります。

サービスの調子が悪いとき

反対にサービスの確率が悪かったり、思うような威力が出ない時は、
『入るかなぁ〜』
『打ち込まれるんじゃないかな〜』
などど考えてしまい、次への反応が遅れます。
それで、あせってしまい
『いつもと同じようにやらなきゃ』
などと無理をしてミスする事が多いです。

そして、リターンゲームや前衛(ダブルスの時)にいる時は消極的で弱気なプレーをしていることが多くなります。

練習につなげる

影響が大きいショットの練習を自分の練習の中心にして、そのショットの精度をあげることによって、試合での調子を安定させることができます。

私の場合は、サービスは一人でも練習できるショットなので、コートがあいている時に一人でコートを借りてひたすらサーブを打ったりしています。
なかなか自分の思い描いたサービスを思い通りに打てるようにはなりませんが、それでも以前に比べればこの練習をして球数を打つことで、だいぶ上達したと感じています。

まとめ

私にとって
「テニスの試合で調子に大きな影響を与えるショット」はサービスですが、あなたにとってはどのショットでしょうか?
きっといろいろな意見があるでしょう。

あなたにとって
「テニスの試合で調子に大きな影響を与えるショット」の練習を重点的に取り組んでみてはいかがでしょうか?

目的がはっきりした練習はメリハリがあって、ただでさえ楽しいテニスがさらに楽しいですよ。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする