ダブルス前衛の動き 基本の基本と考え方(ビギナーの方へ)

こんにちは、yumekiです。

テニスを始めてしばらくして試合形式をやり始めた頃、私はダブルスでの動きがまったくわからないままやっていました。

シングルスは、
「まずはとにかく返して」
「余裕があれば相手がいない方へ返して」
「あとは全力でボールを追いかける」
これを徹底していれば結構早く草大会などで勝ち星をあげることができたのですが、ダブルスはそうはいきません。

サークルなどでペアになった方に「あの時は前につめないと」「あの場面では下がらないと」などとアドバイスされても意味がわかりませんでした。
その時に理由を聞けばよかったのかもしれませんが、聞きやすい人もいれば聞きづらい人もいて…
当時の私と同じような気持ちでやっている方の参考になるといいのですが…

ペアがサーブを打ったあと

ペアがサーバーの際、最初の立ち位置はサービスエリアの中心あたりになります。
1.ペアがサーブを打ったら、前に1歩つめましょう。
2.相手の打ったボールが自分の横を通り過ぎたら、1~2歩後ろに下がります。
3.ペアが打ったボールが相手前衛の横を抜けたら前に1~2歩つめましょう。
この後は2と3を繰り返します。

解説

最初の立ち位置について

サービスラインのほぼ中央に立ちます。
ネットにベタ詰めしていたり、サイドに寄りすぎている人を多く見かけます。
ネットにベタ詰めしているとロブに対応できずにすぐにペアとサイドチェンジすることになり、陣形を簡単に崩されてしまいます。
また、ストレートを警戒してサイドに寄ってしまうとセンターがガラ空きになってサーバーの負担が増えてしまいます。
そもそもストレートはネットの高さも高いですし、前衛がいるというだけでプレッシャーにもなります。
なので、クロスやセンターに比べると打たれる確率はかなり低いので、ストレートケアで頭いっぱいになる必要はありません。

あと、これは女性でたまに見かけますが、ロブを警戒するあまり立ち位置が後ろ過ぎる方もいます。
立ち位置が後ろ過ぎると、センターもストレートも抜かれやすくなってしまい、ボレーする場合にもネットとの距離ができてしまいミスする確立が高まってしまいます。

1について

ペアがサーブを打ったら、
「こっちの攻撃の番だ!」
と考えて、前に1歩つめリターンする相手にプレッシャーをかけます。
1歩前につめるだけですが、動くことによってリターンする相手に自分を意識させることができます。
自分がリターンするときに相手前衛が1歩つめてくる人なのか、まったく動かない人なのか気にしてみてください。
比べてみると感じるプレッシャーが段違いだということがきっとよくわかると思います。

また、1歩つめる方向をペアの打ったサーブのコースにあわせるとより効果的です。
サーブがワイド方向ならワイドに向かって斜め前に1歩
サーブがセンター方向ならセンターに向かって斜め前に1歩
サーブが開いて正面なら前に向かって1歩
という具合にあわせると、リターンするコースをよりつぶすことができます。

2について

相手の打ったボールが自分の横を通り過ぎたら、
「相手の攻撃の番だ!」
と考えて、1~2歩後ろに下がって相手の攻撃に備えます。
ペアの打つ球に相手前衛がポーチしてくる可能性があるので、それに備えます。

3について

ペアが打ったボールが相手前衛の横を抜けたら、
「こっちの攻撃の番だ!」
と考えて、前に1~2歩つめましょう。
この時もサーブ時の前衛のときと同じように、ペアの打ったボールのコースにあわせて前ないしは斜め前につめるとなお効果的です。

まとめ

基本的な動き方はここに書いたとおりです。

この動き方の根底にある基本的な考え方は、
・後衛の仕事は、相手前衛につかまらないように相手後衛につなぐ
・前衛の仕事は、相手後衛の打つ球をポーチなどで決めにいく
というものです。
ですので、相手前衛につかまらなかったらこちらの攻撃の番になって、こちらの前衛がつかまえられなかったら相手の攻撃に備えるというのを繰り返します。

私は最初の頃このこともわからずにダブルスをやっていました。
これを理解してからダブルスがどんどん楽しくなっていきましたし、どんどん勝てるようになっていきました。

もちろんやっていく中で雁行陣、平行陣、ストレート、ショートクロス、ロブなどなど、色々なショットの組み合わせや戦術が入ってきたり、相手の特徴などによって様々な考え方はありますが、根底にある基本はここに書いたことです。

「前衛にいるとボーっとしちゃうんだよなぁ」
「後ろからでも強引にポイントを取りにいってミスすることが多いんだよなぁ」

ビギナーではなくても、こんな風に感じている方はぜひこちらの記事を参考にしてみてください!!

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする