3つのファースト

こんにちは、yumekiです。

「3つのファースト」をご存知ですか?
ダブルスにおける3つの大切なポイントです。
・ファーストサーブ
・ファーストボレー
・リターン(リターンは”ファーストリターン”と言いませんが、常に1本目なので)

ファーストサーブ

ご存知のとおりサーブは1度失敗してももう1回打てます。
しかし、セカンドサーブは失敗したら即失点につながるためサーバーは慎重にならざるをえません。
よって、セカンドサーブはファーストサーブよりもスピード・威力が落ちて、コースも厳しいところに打てなくなることがほとんどです(稀にファーストサーブとセカンドサーブの差が凄く少ない人もいますが)。
なので、ファーストサーブとセカンドサーブとでは、相手が受けるプレッシャーがまるで違い、いいリターンを打たれてしまう危険性が大幅に増してしまいます。

自信をもってファーストボレーにいくためにも、ファーストサーブの確立をあげることが大切です。

ファーストボレー

いいサーブが入ってあまいリターンが返ってきたら、ファーストボレーで決めてしまうのがベストですが、決めきれないならば攻撃を重ねてポイントにつなげましょう。
問題は相手からいいリターンが返ってきた場合なんですが…

とにかく頑張って「何が何でも返す!」つもりで対応しましょう。

というのも、サービスゲームにおいて簡単に相手にブレークを許してしまっているときというのは、「リターンエースをとられている」か「リターンが返ってきて次のショットでミスをしている」からという事が往々にしてあります。
話が戻りますが、いいリターンを打たれないためにファーストサーブの確立をあげましょう。

でも、逆に言うとファーストボレーまでしっかりと打てればサービスキープの確立はグンっとあがります。
これは実際の試合で何度も経験して実感しています。

サービスゲームではまず「とにかく何が何でもファーストボレーまでミスせず返す」という気持ちを持ちましょう。

リターン

リターンゲームにおいて相手に簡単にキープされていると感じているときは、相手のサーブがよくて「エースを取られている」「リターンがあまくなって次のショットで決められている」か「リターンミス(ネット、アウト)」をしていることが多いです。

このうち、相手のサーブがよくて
「エースを取られている」
「リターンがあまくなって次のショットで決められている」
これはある意味しょうがありません。
相手のサーブがいいのですから、相手が上手いのです。
練習してそういったサーブを返すことができるようになるようにリターン力をあげましょう。

問題なのは「リターンミス(ネット、アウト)」です。
相手のサーブがそれほどよくなかったり、相手前衛からそれほどプレッシャーを受けていないにも関わらずリターンミスをしてしまうのは絶対に避けましょう。
相手を楽な気持ちにさせてしまいます。

攻撃することを意識しすぎてミスが出てしまう場合は、まずは返すことを意識しましょう。
当たり前の話ですが、まずは返さないことには絶対にブレークできませんので。
ミスしたら即失点ですが、相手コートに返せばどんなにあまいボールでも相手がミスするかもしれません。

まとめ

ポイントが始まって最初の数球がとても大切です。
ほぼそこで試合の流れが決まってくるといっても過言ではありません。
色々な戦略などを考え始めたり試合で緊張してしまったりするとつい忘れがちですが、「3つのファースト」が超大切なのは間違いありません。
常に意識してポイントに臨むといいことがきっとあるでしょう!

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする