ダブルスでショートクロスへ打った後の対応

こんにちは、yumekiです。

ダブルスの試合においてショートクロスを狙うことは、相手に「ここも打てるのか!」と思わせることができて、センターのボールを使いやすくする効果もあります。
積極的に狙っていきましょう。
その際に気をつけておく点があります。

浮かないこと

これはショートクロスだけでなく、順クロス、センター、ストレート、全てのショットについて言えることですが、ボールが浮いてしまうとネットより高い位置で相手にボレーされ、打ち込まれてしまう危険性が高まります。
相手にネットより高い位置で取られないようにコントロールします。

速い球でストレートを抜いたり、相手正面を狙って球威で押す場合はこの限りではありませんが、ショートクロスを狙う場合はそもそも速い球では狙えませんし球威で押すような戦術ではないので、相手にネットより低い位置で取らせるように狙います。

ボールのスピード

上でも書いたように、ショートクロスは速い球では狙えません。
ショートクロスを速い球で狙うとアウトしてしまう危険性がとても高いです。
なので、ショートクロスはトップスピンの回転をしっかりかけて、あまり速くない球で狙います。
トップスピンが打てない方はスライスでもかまいませんが、この場合もスピードがあるとアウトしてしまいますので、遅くてもよいので慎重にコントロールすることを意識します。

ショートクロスを打ったあとの対応

相手がショートクロスへの配給を読んでいて素早く対応されてしまった場合はピンチになるので守備の準備をします。
いいショートクロスが打てて相手が「おっとっと」という感じでそのボールを取ろうとしたときは下記のように対処します。

ショートクロスへ打った人の対応

ショートクロスに打って相手にネットより下でボールを取らせることに成功すると、相手は普通にクロスに返すことが難しくなります。
「苦し紛れでストレートを狙う」
「ロブをあげる」
「アングルに切り返す」
これが相手の選択肢になることが多いので、ショートクロスに打った人はアングルへの切り返しをケアしておきます。

ペアがショートクロスへ打った場合の前衛の対応

アングルへの切り返しはペアが対応するので、前衛はストレートをしっかりガードすることに集中します。
そのためにもネットへしっかり詰めて相手にプレッシャーもかけてしまいましょう。
ロブもくる可能性がありますが、まずはストレートを止める意識が第一です。
せっかくショートクロスで相手を追い込んだのに、苦し紛れのストレートで抜かれてしまっては元も子もありません。
ショートクロスを打ったペアもガッカリしてしまうでしょう。

相手の体制が崩れていればもしロブを上げられてもそこまでいいロブは来ないことが多いので、あげられてから対応すれば十分です。
もし崩れた体制からいいロブを打たれたらそれは相手が上手いということ。
スマッシュが打てなければ、一度落としてグランドスマッシュないしはストロークでまた一から組み立てなおします。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする