2016年ツアーファイナル マレーの声

こんにちは、yumekiです。

ちょっと前の話になりますが、ツアーファイナル、ご覧になりましたか?
錦織はワウリンカ戦、マレー戦と非常に期待が高まりましたが、その分チリッチ戦、ジョコビッチ戦とちょっと残念でしたね。
でも、数年前まで日本人がツアーファイナルに出るなんて想像もできなかった事を考えると、本当にすごい事ですよね。
錦織のさらなる活躍と、彼に続く日本人選手が出てくることを期待したいですね!
そんな中、私はマレーの打つ時の声が気になりました。

マレーの声

マレーの試合をご覧になった方はわかるかと思いますが、ストロークやサーブを打つ時に『ウーーー、ウン』という声を出していました。
基本全ての打球時にこのように声を出していて気になったので、練習で真似して試してみました。

タイミングを取る

『ウーーー、ウン』の『ウーーー』の『ウ』でテイクバック開始、『ーーー』でためて、『ウン』のところでインパクトなんだろうなと容易に想像できたのでやってみました。
すると、

タイミングを取りやすい!

早くテイクバックを完了する→ためる→スイング
というのは基本的な事で頭には入っていましたが、普段実践できていない事が多いんだという事が声を出してやってみて改めてわかりました。

また、ボールがバウンドした時に「バウンド」と声に出して言って、打つ時に「ヒット」と声に出して言う、という練習方法をどこかで見たことがありますが、一定のタイミングでボールをとらえたり、タイミングを取るのに効果的なんでしょうね。

試合や練習で「バウンド」「ヒット」というのはちょっと恥ずかしいという場合も、マレーのように『ウーーー、ウン』と言えばそれっぽく見えますよね。

まとめ

タイミングを取るのに声を出して意識するのは非常に効果的でした。
声を出さなくても呼吸でタイミングを取る方もいるだろうし、方法は色々あるのでしょうが、たまに声に出してやってわざとタイミングを意識してみるのもいいですね。
今回マレーを見てかっこいいなぁと思い、ものすごくミーハーな気持ちで真似してみたのですが、意外な発見がありました。
やっぱりどんなことでもまずは「とにかくやってみること!」が大切なんだなと改めて感じました。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする