ダブルスの試合でペアがスマッシュの体勢に入った時に意識すること

こんにちは、yumekiです。

ダブルスの試合で相手からロブが上がり、ペアがスマッシュの体勢に入った時、あなたはどのように考え動いていますか?
スマッシュ1本で決まるのが1番ですが、必ずしもそうなるとは限りませんよね。
返ってきた時のために備えましょう!

ポーチの準備

返ってきた次のボールを仕留められるようにポーチの準備をします。
ネットに詰めて、スマッシュを打つペアの邪魔にならないようにしゃがんでいるのがいいと思います。
そして、ペアの打つスマッシュの威力やコースと相手の体勢や返球をよく見ます。

ペアのスマッシュに威力がある場合

いいスマッシュが打てた場合、相手は返すのがやっとになりコースを狙いづらくなります。
返球が甘いコースに来たらどんどんポーチしてポイントを取ります。
この時、「甘いボールがきたら決める!」と意識しているのといないのとでは出足が違ってきます。
しっかり意識しておきたいですね。

ペアのスマッシュに威力がない場合

ペアのスマッシュの威力がなかったりコースが甘い場合、相手は前衛のあなたに捕まらないようにオープンコートを狙ってくることが多くなります。
威力がないとはいえ、スマッシュボールを打ち返すのは通常のラリーよりも気を使うものです。
この場面は思い切ってポーチに行きたいですね。
この場面でのポーチは先ほどの場面でのポーチとは違い、「甘かったらいく」のではなく「オープンコート側につっこむポーチ」になります。
抜かれるリスクもありますが、決まった時の相手への精神的影響、相手にプレッシャーを与える意味でもトライする意味は大きいです。

ロブで返って来た場合

ポーチの準備でネットに詰めているので、無理して追わずにペアにスマッシュを打ってもらい、再度ポーチを狙います。

まとめ

スマッシュ1本で決まるのが1番ですが、いつもいつもスマッシュで決められるとは限りません。常に「次、次」と考えて動きたいですね。
それに、スマッシュ1本で決めるよりも、返ってきたボールをポーチで決めた方が2人で取ったポイントとなり、気分も上がります。
相手が返球する瞬間にポーチに行くそぶりを見せて相手のミスを引き出せた時も同様です。
「2人でポイントを取る」
この意識がダブルスではとても大事で、醍醐味の1つです(^^)

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする