自信を持つか、自信があるように振舞ってプレーする

こんにちは、yumekiです。

皆さんはテニスの試合の時に常に自信を持ってコートに立てていますか?
応援してくれている人やコーチなどに「自信を持って」と言われても、具体的にどうしたらいいのか、難しいですよね。
私も日によって自信を持てたり持てなかったりすることもあれば、試合によって自信を持てたり持てなかったりすることもあります。
もっと短いスパンで、試合中に自信満々に変化したり、どんどん自信を失ったり…
本当、その時々によって気持ちが色々変化をするので「こうすれば自信を持てる!」という方法はわかりません。
ただ、そんな中で実践した方がいいんじゃないかな〜と思う事を提案させていただきます。

自信がないと

私は自信がないとストロークやサービスでラケットが振り抜けなくなったり、自分が打ったボールが入るかどうか心配でボールの行方を目で追ってしまい次への動きが遅れたりします。

自信があると

逆に自信を持てている時は、ストロークでもサービスでもラケットが振り抜けて、ボールのスピードやパワーがアップし、スピンがかかっているのでコート内におさまりますし、入るか入らないかの心配もしていないので、次への動きがスムーズです。

言うまでもなく、自信を持てている時の方がいいプレーできてますよね。

自信を持てる方法を知っていれば、実践して常に自信を持った状態でプレーしたいですし、ここでお伝えしたいのですが、最初に書いたように残念ながらわからないので、お伝えすることができません(^^;)

そこで、私が実践していることで、プラスにはなれどマイナスにはならない方法をお伝えします。

自信があるように振舞う。

自信があるように振舞っていれば自信を持てるかと言うと、必ずしもそうとは限りません。
実際私が自信があるように振舞っていても、最後まで自信を持てなかったという事も多々あります。
ただ、自信なさそうに振舞っているよりも、自信があるように振舞っていた方が、自信を持てるようになるような気がしませんか?
いつも自信があるように振舞っているので、自信なさそうに振舞っているときと比較はできないのですが…

それに、自信なさげな表情の相手と自信満々の相手、どちらからよりプレッシャーを感じますか?

想像してみてください。

自信満々に凄いボールを打ち込んでくる相手

自信なさ気に凄いボールを打ち込んでくる相手

自信満々に5メートルくらいアウトするボールを打ってくる相手

自信なさ気に5メートルくらいアウトするボールを打ってくる相手

どうですか?

相手が自信満々だと、次も凄いボールを打ち込まれそうな感じや、次は入ってきそうな感じを受けませんか?
相手が自信なさ気にだと、次はたまたま入っただけという感じや、次も入らなそうな感じを受けませんか?

このように実際に自信があるのかないのかには関係なく、自信があるように振舞うことによって相手にプレッシャーをかけることもできるので、ぜひ実践してみてください。

試合後や練習後に「yumekiさんはいつも自信満々で落ち着いていてやり辛い」というような事を何度か言われたことがあります。
いずれも内心は「ヤバい、ヤバい」とヒヤヒヤだったんですけどね(^^;)
私の頭の中とは関係なく、自信を持っているような態度が相手にプレッシャーを与えていたんですね。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする