ハイブリッドでガットを張る

こんにちは、yumekiです。

過去の記事でガットの素材(ガットの素材による特徴)や太さ(ガットの太さによる影響
の違いによる特性について書きましたが、縦と横に違うガットを張ることを「ハイブ
リッドで張る」という言い方をします。

ハイブリッドについて今日は書きます。

プロも一般プレーヤーも

最近では多くのプロもハイブリッドで張っていますし、一般プレーヤーで張っている
人も多いです。
フェデラーや錦織がハイブリッドで張っていて有名で、
フェデラーは縦にナチュラルガット、横にポリガット
錦織は縦にポリガット、横にナチュラルガット
を張っているとのことです。

私の周りの人でハイブリッドで張っている人は、縦ポリガット、横にマルチのナイロ
ンという組み合わせが多いようです。
これは縦のガットが切れる人が耐久性を求めて縦をポリガットにしているか、ポリ
ガットが好みの人で肘や手首に不安のある人がこの組み合わせを選んでいるようで
す。
ナチュラルガットではなくマルチのナイロンを使っているのは、私のようにナチュラルガットが合わない人もいるかとは思いますが、経済的な理由が大きいと思われます。

特性

「○○と××の性能は縦に張ったガット、△△と□□の性能は横に張ったガットの特
性が出るのでハイブリッドで張ると良いとこ取りできる」などという情報を雑誌など
で見たことがあります。
しかし、私も色々なパターンでハイブリッド張りを試してみましたが、個人的な感想
としては、縦に張ったガットの特性の方が強く出るということくらいしか感じません
でした。

私は縦にマルチのナイロン、横にポリガットという組み合わせを好んで張って
いた時期があるのですが、このとき横にポリガットを張ると縦に張ったマルチのナイ
ロンがよく滑るような気がして、ホールド感がアップしているように感じました。
この打球感が大好きでしばらく愛用していましたが、難点は耐久性で平均2週間くら
いで切れていたので、経済的な理由もあり今はハイブリッドで張っていません。

まとめ

私には横に張ったガットの特性がそれほど感じられませんでしたが、敏感な人なら
色々感じるものがあるかもしれませんので、ぜひ試して自分の好みを探してみてくだ
さい。

ガットの素材、ガットのテンション、を色々試すだけでもたくさんの選択肢がありま
すが、そこにハイブリッドまで加わるとわけがわからなくなっちゃいそうですね。
これからハイブリッドを試してみたいと思っている方は、各社からハイブリッドセッ
トになっているガットも発売されていますので、まずはそれを試してみるのがいいのではないでしょうか。

ぜひ自分のベストな張りをみつけてください。
道具について色々考えたり悩んだりするのもテニスの楽しみの一つです。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっ
かけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする