ダブルスでクロスへのリターンを沈めたあと

こんにちは、yumekiです。

先週末は男子ダブルスの試合に出てきました。
結果は良かったのですが、反省すべき点があるのでそのことを書きます。

自分の出来

結果

試合の結果は良く全勝でした♪(v^_^)v

サーブ

最初の試合、いつもの感じて打つととにかく確率が悪くほぼ2ndサーブになってしまっていたので、2試合目からはいつもの感じで打つのは40-0か40-15になった時だけにして、それ以外のスコアではいつもの7〜8割の力で打って前に出て勝負する事を心がけました。
それを心がけてからはポイント獲得率・キープ率がグッと上がりました。

リターン

対戦相手にビッグサーバーがいなかったということもあるかと思いますが、基本的に安定して返せていました。
対戦相手のほとんどの方がサーブアンドボレーで前に出てくるタイプだったので、 浮かないように足もとにコントロールを心がけました。

前での動き

大胆なポーチは少なかったですが、センター気味のボールには手が出て、リターナーにプレッシャーをかけることができました。
「センターのボールは通させないぞ」と意識していると手が出やすいです。
それでいてストレートを抜かれることもありませんでした。
ロブへの対応も、序盤はミスもありましたが、後半はカット・スマッシュとほとんどミスなく対応できました。

気になった点

リターンを打ったあとステイしてしまうことが多く、せっかくリターンを沈めても「相手のボレー対私のストローク」という展開になることが多かったです。
リターンはけっこう沈めることができていたので、もっともっと積極的に前に出ていくべきでした。
そうすることで対戦相手に「1stボレーを浮かせられない」というプレッシャーを与えることができたと思います。

まとめ

リターンを打った後ステイしてしまった理由は、自分の打ったリターンへの自信のなさです。

足もと狙って打っていたのですが、「ちゃんと足もとにいくのかな?浮いちゃわないかな?」と不安になりステイしてしまっていたのです。
これだとうまくいった時にできたせっかくのチャンスボールを見過ごしてしまうことになります。
この場合のチャンスボールとは
(浮いてきた対戦相手の1stボレーのことです。)

自分のリターンが浮いてしまってやられたら、次から浮かないようにすればいいだけなんですよね。

狙って打って次の展開につなげる動きをしっかりする。

強くなるにはこれが大切です。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする