試合に強い人達の共通点

こんにちは、yumekiです。

テニスの試合において、攻撃力と守備力の両方とも大切というのは当たり前ですね。
その両方を高めるために日々練習しているわけです。
凄いボールを打って、相手の凄いボールをミスなく返せれば強いに決まってますよね(^^;)

今日は私が試合に出ている中で感じている攻撃力と守備力のお話をさせていただきます。

攻撃力と守備力

大きな草大会で優勝を争うようなとても上手な人達と何度も対戦してわかったことは、そういう人達は全員守備力が高いです。
攻撃力がそれほど高くない人はいますが、守備力が高くない人は記憶にありません。
もちろん人によって差はありますが、基本的に守備力のレベルが高いです。

雑誌にもよく載っている草大会では有名なコーチと対戦した時のこと、こちらが自信を持って打ったスマッシュボールに反応して、凄いところに切り返されました(;o;)
この時は本当に驚きました。
「お前のスマッシュがあまかっただけだろ」
と思われるかもしれませんが…
あの切り返しを出来る方はそうはいないと思います(°_°)
そのコーチは華麗なプレーをする方で、見ていると攻撃面に目がいくことが多いのですが、守りも物凄く上手かったです。

このコーチは抜群に凄いと思いましたが、他の大きな草大会上位常連の人達も皆守備力は高いです。

守備力が高いと

普段の感じでは決まっている感覚なのに返ってくる。決めるまでに1本、2本、3本多く打たされます。
その1本、2本、3本の間にこちらがミスしてしまえば、こちらが優位に立っていてもポイントは相手に入ってしまいます。
この積み重ねがポイントとしても大きいし、それ以上に相手に与えるプレッシャーが大きく、相手に無理をさせることができます。

まとめ

上手い人達の試合を見ているとついつい派手な攻撃に目がいきますが、皆さん守るの上手いんですよね〜。
守備力を高めるのも簡単にはいきませんが、できることからやっていきたいですね。

どんなピンチの場面でも、
・ボールがツーバウンドするまで絶対にあきらめない
・相手が打つ瞬間までボールと相手のラケットの向きをよく見る

そして愚直にボールに食らいつけば、反応がよくなり守備力は磨かれます。
私も以前に比べれば守備力はだいぶ向上したと感じています。

簡単に諦めないでボールに喰らいついていきましょう。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする