ガットの素材による特徴

こんにちは、yumekiです。

ガットは何を使っていますか?
ガットの種類ごとの一般的に言われているその特性と私の個人的な感想について書きます!

ガットの種類

・ナチュラル
・ナイロン モノ
・ナイロン マルチ
・ポリ

※シンセティックというのはナチュラル以外のストリングスの総称です。天然素材の物をナチュラル、それ以外をシンセティックと言います。

ナチュラル

元々は羊の腸の繊維で作られたもので、今は牛の腸の繊維で作られています。
天然素材でとても高価で、ナイロンのガットはナチュラルのガットを目標にして性能の向上がはかられています。
ホールド感
反発力
スピン性能
性能維持能力
などが優れているとされています。
以前はトッププロのほとんどがナチュラルを使っていました。
水に弱く、雨の中で使うと一気に性能が劣化して切れやすくなってしまいます。

雑誌などでナチュラルはいいという記事を読んだり、昔のトッププロは皆使っていたという話しを聞いて、
「ガットをナチュラルにしたら急に凄い球打てちゃったりして!」
なんて考えて何度か張りましたが、いまだに私には性能の高さが実感できていません。
好みの問題かとは思いますが、どうも私には合わないようです(^^;)
あと、ガット自体の重さがシンセティックガットよりもあるんですかね?ナチュラルを張るとラケットがトップヘビーになる感じがして、それも気に入らない大きな原因です。実際に重さを計った事はないので、真偽のほどはわかりませんが。
でも、また調子が悪くなった時なんかに
「ナチュラルにしたらもしかして…」
などと考えて試す事があるかもしれませんが。

ナイロン モノ

反発力
が優れているとされています。
低価格なものが多いです。

ボールを弾くような打球感で、私は特にストロークでの打球感が好みです。
テニス始めてからしばらく使っていました。

ナイロン マルチ

ホールド感
が優れているとされています。
ナチュラルとナイロン モノの間の価格帯の物が多いです。
ナチュラル同様雨に弱いです。

ボールを包み込むような柔らかい打球感で、私は特にボレーでの打球感が好みです。
ナイロン モノを使っていた後に、打球感が気に入ってけっこう長い間使っていましたが、耐久性があまり高くなくてすぐ切れてしまうようになったので、今は張っていません。

ポリ

スピン性能
耐久性
が優れているとされていますが、
性能維持能力
は低いとされています。
要するに切れないけど劣化してしまうのな早いということですね。
ホールド感やスピン性能を引き出すには、スイングスピードが必要とされています。
現在のトッププロはポリを張っている人が多いです。

以前のポリは硬いものが多かったですが、今は各社から色々なものが出ていて、だいぶ柔らかい打球感のポリガットも出てきました。
私も今はポリガットを張っています。
それほどスイングスピードの速くない私でも、ポリガットの良さを感じることができています。
すぐに劣化してしまうと言われていますが、切れなければ私は1ヶ月くらい違和感なく使えています。

まとめ

それぞれの種類のガットで、たくさんの商品が作られていますので、とにかく色々試してみてお気に入りを見つけてください。
お気に入りを探すのも、お金はかかりますが、テニスの楽しみの1つです!

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする