試合に行く時は、時間に余裕をもっていくことをオススメします

こんにちは、yumekiです。

テニスの試合に行く時、会場には何分前くらいに着いていますか?

試合会場に到着する時間の目安

私は遅くとも30分前に到着するくらいを目安に家を出ています。

会場に着いてから試合開始までの間は、アップができる場合はアップ、できない場合はストレッチや軽いランニング、またはトイレを済ましたりしています。

時間に余裕があるので万全の準備をして、落ち着いて初戦に入ることができます。

とはいえ、昔はけっこうギリギリに到着することも多かった…
時には遅刻も…

「遅刻しちゃうかなぁ?間に合うかなぁ?」
と、慌てふためきながら会場に着いて、バタバタ準備をしてすぐ試合に入る。

これでベストのパフォーマンスが出せるとは思えません。
その時のことを思い出してみても、実際ボールやプレーに集中していたとは言いがたいです。

ベストパフォーマンスをこころがける

テニスは対戦相手のいるスポーツで、競泳や陸上競技のタイムなどのようなものがないので、絶対的な実力を明確に把握はできません。
どうしても対戦相手との相対的な実力の把握になってしまいます。
試合での実績(試合のレベルや試合の規模)も相対的な評価になると思います。

会場に早く着いて万全の準備をしても、対戦相手が自分よりずっと強い人だったら負けるでしょう。
その反対に、会場に時間ギリギリに着いてドタバタしながら試合に入っても、対戦相手が自分よりずっと弱い人だったら勝つでしょう。
実際ギリギリに到着して勝ったこともありますし、余裕をもって到着して負けたこともあります。

でも、余裕をもって到着した時の方が心に余裕をもって試合に入れているのは間違いないです。

なかなか自分のパフォーマンスに焦点を当てたり、客観的に調子を把握するのが難しいところがありますが、上達には不可欠です。
試合でも練習でも、上手くなりたいんだったら常にベストパフォーマンスを目指したいですね。
そのためにも、試合会場には余裕をもって向かいましょう!

プロで時間ギリギリに会場につく人っていませんよね?(私が知らないだけで、実際はいるのかな…)

他のスポーツの試合でも同様だと思います。
ゴングが鳴る直前に会場入りするボクサーなんていないし、ウサイン・ボルトがスタート時間直前にトラックに到着なんてありえませんよね。
それは試合でベストパフォーマンスを出すためです。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする