眠れない時に試してみては!?

こんにちは、yumekiです。

眠くても眠れない時もある

あなたはしっかり睡眠がとれてますか?

睡眠でしっかり疲れを取ることも、テニスの試合や練習で良いパフォーマンスを発揮するには大事なことですよね。

私は、身体が疲れすぎて眠れなかったり、頭が疲れすぎて眠れなかったりすることがあります。
土日はテニスで身体だけ疲れすぎて、平日は仕事で頭だけ疲れすぎるってことが多いです。
テニスにハマってるサラリーマンやOLの方はそんな方多いんじゃないでしょうか?

布団に入る前に温かいミルクを飲むと寝つきが良くなるなどとよく言いますが、私にはあまり効果がありませんでした。(効果を感じる方はぜひ続けてください!)

私には効果的な入眠方法

人それぞれ体質などもあるので、皆さんに効果があるのかわかりませんが、私が実践して効果を感じているものを参考までにお知らせします。

・頭をアイスノンなどで冷やす
・くつ下をはいて足を温かくする

頭寒足熱ってやつですね!

眠れない時や、最近眠りが浅いかなと思った時に実践してます。
季節は関係なく、夏でもくつ下、冬でもアイスノンを使います。

アイスノンは冷たすぎても私はダメなのでタオルを巻いて温度調整しています。

くつ下は寝るとき用?の締めが緩いやつを使っています。
締めが緩いやつだと血行を阻害しないで温められるらしいので。

あと、ストレッチも効果を感じることがありますが、特に足首回しをするといいみたいです。
足まで血の巡りが良くなって、足先まで温まるのでしょうね。
おまけに足の指や足の裏を自分でマッサージするとさらに足がポカポカして気持ちいいですよ!

みなさんに効果があるかどうかはわかりませんが、私には効果がありますので、眠りに悩みがある方は一度試してみてはいかがでしょうか?

それからこれは仕事などの都合で実践できない方も多いかと思いますが、同じ時間寝るなら早寝早起きのほうがスッキリするような気がします。
私も仕事などの都合で毎日というわけにはいきませんが、早く寝られるときはできるだけ早く寝ています。
特に試合の前の日は早めに布団に入って、しっかり睡眠をとるように心がけています。
試合前日はお酒は飲みません。仕事などでどうしてもというときは飲みますが、できるだけ控えています。
勝ってから飲んだ方がおいしいですしね!!
やっぱり万全の準備をした時とそうでない時では、体調はもちろんのこと、メンタルに与える影響も大きいと感じます。

どんなに万全の準備をしても終始ダメなプレーばかりというときも私は多いですが(^_^;)、準備しないでダメなよりも準備してダメな方があきらめもつくし、前向きに考えられます。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする