対戦相手にやられて嫌なことを自分がやってみよう!

こんにちは、yumekiです。

対戦相手にやられて嫌なこと

テニスの試合で対戦相手にやられて嫌な事はなんですか?
ここで言う嫌なこととは、狙われる場所とか戦術的なことで、悪態とかマナー違反とかではありません。念のため(^^;

シングルスだと…

徹底してバック(フォア、苦手な方)を狙われる
延々と中ロブで返してくる
ドロップとロブを延々と繰り返される

ダブルスだと…

ストレートアタックを多用される
ポーチやチェンジを多用される
ロブで延々と粘られる
一人を徹底的に狙われる

いかがでしょうか?
パッと思いつくところでこんな感じでしょうか。

それを自分がやってみよう!

相手にやられて「嫌だなぁ」と思ったことはどんどん試してみましょう!

試合に出始めた頃に、私がバックが苦手ということを知ってか知らずか、左利きの対戦相手がスライスサーブを私のバック側に入れてきて、やっと返した球をボレーして決めるという作戦を徹底してやってきました。
相手のリターンゲームでもこちらのバックに深い球を入れてきて、やっと返した球をボレーして決める。
当時の私はバックハンドストロークがスライスしか打てず格好の餌食で、0-6であっという間に負けました。
この時の相手の方は決して上手そうには見えない方でしたが、この戦法でオープンクラスの草大会でけっこう上位まで勝ち進んでいました。

あまり上手そうに見えない方だったので(失礼。実際勝っていたので今は上手かったんだと思っていますが)、
「俺でもできるかも!?」
と思い、真似してみることにしました。
その頃の私はサービスを相手のバック側にコントロールすることができませんでした。
そこで、
「あの人は左利きのスライスサーブだから右利きの相手のバック側にコントロールしやすいんだ!」
と思い、左手でのサーブを練習してみましたが、まったくうまくいかないのであきらめました…
で、サーブではなくラリーの中で
「バック側に球を送って前に出る」
というのをやってみたら結構ポイントが取れる!
私と同じようにバックハンドストロークを苦手としている人がたくさんいるんだな~と思いました。
それから間もなく、この作戦とシコリを混ぜて、初めて草大会のビギナーシングルスで優勝することができました。

今でもこの作戦は使っています。ただ、出てる試合のレベルが上がるとともに、当然対戦相手のレベルも上がるので、ただ単にバック側に球を送って前につめると簡単に抜かれてしまうので、球速・弾道・タイミングを変えたり、意表をつくように工夫はしていますが。
今はある程度サーブをコントロールできるようになったので、バック側にサーブを入れてサーブアンドボレーもやってます。

まとめ

このように自分がやられて嫌なことをやってみると、新しい発見があるかもしれないし、それによって自分のテニスの幅を広げることにもあるかもしれません!
ぜひやってみてください!

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする