スピンの感覚を磨く練習方法

こんにちは、yumekiです。

昨日の記事に引き続き「スピン」のお話しです。

練習方法

ある程度スピンが打てるようになったらぜひ試していただきたい練習方法があります。

手出しまたはラケットで出してもらったボールをドライブボレー(ノーバウンドでストロークで打つ)で打つという練習方法です。

私はドライブボレーで打つことによって、スピンの感覚が養われてスピン量を調節できるようになりました。
わざとスピンで打ったりフラットで打ったりして違いを感じるのはとてもいい練習になりますが、ただ単にフラットで打ってしまうとスピンの練習にはなりませんので気をつけてください。

ドライブボレーが武器にもなる

また、ドライブボレー自体上達して試合で使えるようになれば大きな武器になりますので、やっておいて損はありません。
ほぼ全てのチャンスボールをスマッシュではなくドライブボレーで処理している草大会や都道府県規模の試合などで活躍している方もいます。
実際試合でドライブボレーを決めると、対戦相手は「やられた~」とか「くそっ」っていう気になりますので効果的です。

ぜひ試してみてください。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする