試合で勝ちたかったらたくさん試合に出よう!

こんにちは、yumekiです。

あなたはどのくらいの頻度で試合に出ていますか?

どんどん試合に出よう!

先日、毎週行なわれている地元のサークルの練習会に参加した際に
「yumekiさんはどのくらいの試合出てるの?」
と聞かれました。
「その時々で違いますがだいたい月3回くらいですかね~」
と答えると、その方は
「え~~~、そんなに出てるの~~~」
と驚いていらっしゃいました。
失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、その方は練習ではとても1.2回戦で負けるような感じではないのに、市民大会であまり勝ち進むことがありません。
1つの市の大会にしか出ていらっしゃらないとの事でしたので、シングルス、ダブルス、ミックスダブルス、全種目あわせて年間5.6回だそうです。遠くまで出かけて行って有名なコーチのレッスンを受けたりしていて、勝ちたい気持ちは強いのですが。

市民大会であまり勝ちあがれない方は圧倒的に試合経験が不足しているように思います。
社会人からテニス始めた方や学生時代からテニスやってはいるけどあまり実績のない方が市民大会で勝ち進むことを目標に頑張っているのならば、試合経験をつむことが勝利への最短距離なのではないのかなと。
受験勉強で過去問を何度もやることが合格に不可欠のように、慣れることが1番大事で、まさに「習うより慣れろ」です。

試合数を多くやりたければ草大会がオススメ

市民大会は負けたら終わりのトーナメントが多いですが、試合経験をつむのならリーグ戦やってからトーナメントをやる草大会がオススメです。「最低○試合」なんて記載されてる草大会もありますので。

もしアナタがテニスを始めたばかりで「ゆくゆくは試合に出て勝ちたいな」と思っているならば、今すぐ出ましょう!
私は初めてラケットを握ってから3ヶ月目でシングルスの草大会に出場しました。
私の上達が早かったのか遅かったのかはわかりませんが、この選択は間違っていなかったと感じています。

最初はみんな緊張する

初めて試合に出るときはきっと物凄く緊張するでしょう。
私もいざ試合会場に着いてから「初心者の俺が試合なんて出てもいいのかな?」とか考えながら超ドキドキしました。
でも、試合に出てる人は誰もが経験していることですし、今となってはいい思い出です。
最初はタイブレーク覚えるのも大変でしょうが、それも慣れですし、わからなかったら相手に聞いちゃえばなんとかなりますし、怖かったら大会主催者に助けを求めるとか、どうにでもなりますから。

草大会は、超ビギナー、超初級、ビギナー、初級などレベルわけされているものも色々あるので、初めて出るときの参考にして下さい。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする