上達の近道は『とにかくやってみる』こと

こんにちは、yumekiです。

上達するのに1番大切なこと

私が15年以上テニスを続けてきて、上達するのに1番大切なのは「とにかくやってみる」事だと感じています。

テニスを始めたばかりの頃の事を考えてみると、考えることも大事ですが、それ以上にとにかくテニスをやってみることが大事だったんじゃないかなと。
テニスを始めたばかりの頃は「ボールを打つ感触」「こういう打ち方をするとこうなる」「このくらいの力で打つとこのくらい飛ぶ」などの経験の蓄積がないので、とにかくテニスをやってみて経験値を上げる事が必要不可欠だと思います。
テニスをしばらく続けてやっている方なら皆さんほぼ同じ意見なのではないでしょうか?

で、テニス自体ではなく、個々のテクニックについても同じ事が言えるんじゃないかと思います。
でも、ある程度テニスの経験値があがると
「こうやればもっとスピンがかかるんじゃないか?」
と思っても
「失敗したらいやだな」
とか
「いつも通りやれば返せるし」
などと考えて、新しいことにチャレンジすることを躊躇してしまう。
もしかしたら物凄いスピンを自分のものにできるかもしれないのに…

自分で思ったこと、テニス雑誌や本に書いてあったこと、コーチに言われたこと、全て気になったことは
「とにかくやってみる」
事が大事です。

やってみて良かったものを取り入れる

その中で「これはいい」と思ったものを取り入れて、どうしてもダメだったりあわなければ戻せばいいだけです。
そうは言っても実際の試合や試合形式の中でいきなり「やってみる」のは難しいですよね~。
目の前のポイント失いたくないですよね。
そんな時はまずは練習で試して身につけてから試合形式→試合で「やってみる」のが理想的ですよね。

私は試合形式や試合でどんどん「やってみる」ように意識しています。
社会人テニス愛好家なので、なかなか練習→試合形式→試合という手順を取るほどテニスの時間を確保できないので。

なんて、えらそうに書いてしまいましたが、ビビッて出来ない事も多々あります。
まずは楽しんでやることが第1ですね。
そのうえで気になったことはどんどん試していきましょう!
試せば試すだけどんどん上手くなります。

お読みいただきありがとうございました。この記事があなたのテニスの気づきやきっかけになったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする